大分のダイビングショップ・ダイブワン

ダイビングのPROで海の仕事ををするならPADI?
PROダイバー=仕事というわけではありません。ご自身のスキルアップと知識、あとはほんの少し人にもダイビングの楽しみ方を語りたいな・・・・その気持ちだけで十分です。
スキューバダイビングはPROになってもレベルアップ講習の段階が続きます。
アマチュアの最高峰になられたダイバーの方は是非ダイブマスター・コースを受講されてみてください。
誰のためでもなくまず自分の為になります!
さらに!それ以上のレベルアップを考える方もいらっしゃいます。
週末だけPRO,はたまた海の仕事を本職にしてリゾートや海外で活躍される方も多数いらっしゃいます。
そんなとき選んでいただきたいのがPADIです。圧倒的な世界的ネットワークの広さ。
海の仕事探しが地球儀規模になります!


ダイブマスター・コース(DM)
PADIダイブマスターは、PADIプロフェッショナルの道への最初のステップです。
PADIインストラクターと共に働き、あなたのダイビング知識を広げ、ダイビング・スキルをダイビングのプロフェッショナルとして磨いてください。
PADIダイブマスターになるとできることはPADIダイブセンターやリゾート、ダイブ・ボートのスタッフとして働くことができたりします。チャレンジは18歳以上です。

アシスタント・インストラクター(AI)
PADIアシスタント・インストラクターコースは、PADIインストラクター開発コース(IDC)の最初の一部です。このコースはPADIプロフェッショナルとして経験を得るだけでなく、PADIダイバー教育システムを学ぶ最初のステップでもあります。PADIアシスタントインストラクターになるとPADIインストラクターの元で、PADIダイバーコースの知識開発部分を実施できたり、一部のスペシャルティー・コースを開催・認定することができたりします。

オープンウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)
オープンウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)資格は、ダイビングのプロフェッショナルが最初に取得するPADIインストラクター資格です。インストラクター資格取得後は、ディスカーバー・スクーバ・ダイビングからダイブマスターまでのPADIプログラムを実施することができ、コースを通じで人々にスクーバ・ダイビングを教える責任を担います。

EFR・インストラクター(EFRI)
PADI・インストラクターは、万が一の状態に備え、落ち着いて対処できるエマージェンシー・ファーストレスポンダー資格を教えるためのEFRインストラクター資格が必要です。このコースはただ単に応急手当の方法を学ぶということだけではなく、全体的にダイビングをインストラクションするための大きなヒントにもなるコースです。PADIコースディレクターの元で大切なことをわかりやすく伝えるEFR・インストラクター・コースの開催が可能です。

マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー(MSDT)
PADIダイバー継続教育システム使ってレベルアップさせてあげたいと思っているならば、この資格にレベルアップすることをお勧めします。なぜならこのマスター・スクーバ・ダイバー・トレーナーは、5つのPADIスペシャルティ・インストラクターを取得することによりお客様により多くのダイバー継続教育の機会とニーズを満たすことができるからです。これまでに25名以上のPADIダイバーを認定している格更新済みのPADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクターであることが条件です。

IDCスタッフ・インストラクター(ID)
IDCスタッフ・インストラクターは、インストラクター開発コース(IDC)でアシスタントとしての役割を担います。PADIコース・ディレククターと協力して、インストラクター開発プログラムのチーム・メンバーとしてコース運営をサポートします。「プロを育成する」という責任感はIDCスタッフ・インストラクターならではもので、とてもやりがいのある資格です。ダイビングを教えるPROを教えるための最初のステップです。

マスター・インストラクター(MI)
マスター・インストラクターはPADIダイバー教育システムを熟知し、すべてのプログラムとコースを実施した経験を持つ、最も経験豊かなPADIインストラクター資格です。PADIインストラクターになってから2年以上経過しており、エマージェンシ・ファースト・レスポンス・インストラクターであり、これまでに150名以上の生徒ダイバーを認定している。というまさに経験がないとレベルアップできない資格です。学科講習、実技講習、様々な環境でのダイビング経験。どれをとっても素晴らしいものばかりです。

コース・ディレクター(CD)
コース・ディレクターは、PADIダイバー教育システムにおける最高位のランクで、その数は、世界中の全PADIプロフェッショナルの約1%にも及びません。毎年2回行われるPADIコース・ディレクター・トレーニング・コース(CDTC)には、世界中から約200名の応募があり、その中から選ばれたわずか70名が2週間に及ぶ長いコース(CDTC)に参加することが許されます。PADIコース・ディレクターは、インストラクター開発コース(IDC)を開催してPADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)を認定できる唯一の資格です。またダイビング業界で強い影響力をもつオピニオン・リーダーでもあります。この経験と知識と技術を色々なダイバーの方に提供し続けます。



━メニュー━↓↓(数字ボタンでもOK)
1.ダイビングスクール
2.ステップアッププログラム
3.ファンダイビング
4.PROダイバー
5.FAQ
6.ダイビングショップご紹介
7.ブログ・掲示板
8.お問い合わせ

━ その他 ━↓↓
プライバシーポリシー
利用規約・免責事項


[大分・ダイビング・ダイブワン]トップにもどる
大分のダイビングショップ・ダイブワン
お問い合わせ:097-594-1588